東莞市湘南精密金型有限会社へいらっしゃいませ!
統一サービスホットライン
86-769-82663985
のキーワード:精密金型部品、プラスチック金型部品、金型部品、精密コネクタ型、精密金型、金型部品
高度な検索:
連絡しますContact Us


統一サービスホットライン:86-769-8266398586-769-82663986

(7日間*24時間

連絡先:鄧さん

ファックス番号:86-769-82663987  

 メールボックス: misato@syounanmould.com

詳しい住所:広東省東莞市長安鎮ビルコミュニティ復興路36号1号館3階


よくある問題

金型の原材料の制御は下記のいくつかの方面から行います。

出所: 時間:2019-06-21 15:10:22 次数:

金型の原材料の制御は以下のいくつかの方面から行います
金型の原材料の制御は以下のいくつかの方面から行います。
1、マクロ検査
化学成分は鋼材の性能を保証することに対して決定的であるが、成分は合格しており、鋼材の性能を全面的に説明することはできない。鋼材内部組織と成分の不均一性のため、巨視的な検査はこの方面の不足をかなりの程度で補っている。
巨視的検出は鋼の結晶化状況,鋼の連続性の破壊およびある成分の不均一性を観察できる。
標準「構造鋼の低倍組織欠陥評価図」GB 1979
マクロによく見られる8つの欠陥:偏析、緩み、混合、収縮孔、気泡、白点、亀裂、折りたたみ。
2.1、焼なまし組織の評価
焼なましの目的は、鋼の硬度を低下させ、機械加工を容易にするとともに、後続の熱処理のための組織準備をすることである。
炭素工具鋼の焼なまし組織はGB 1298第一レベルの格付け図によって評価される。
2.2、炭化物の不均一性
Cr 12型ライツ鋼は、組織に多くの共晶炭化物が含まれており、炭化物の不均一性は使用性能に非常に重要な影響を与えるので、その炭化物の分布を厳格に制御しなければならない。
要するに、金型生産工場と作業場の生産対象は比較的に煩雑で、しかもいくつかは単品、小ロットであり、それによって金型生産定額の制定と管理に一定の難度を持ってきます。また、各工場と作業場の生産方式、設備、技術素質も違っています。本工場と職場の実際状況に基づき、適切な方法を見つけて、先進且つ合理的な労働時間定額を制定し、労働生を向上させなければならない。

前の投稿:すでに最初のもの

次の投稿:金型の構成

戻り